ワンダーカジノの違法性や適法性は?逮捕リスクなくプレイできる?

ワンダーカジノ

ワンダーカジノの違法性や適法性は?逮捕リスクなくプレイできる?

投稿日:

ワンダーカジノ(WONDER CASINO)に登録してプレイしたいけど、法的に問題がなく逮捕リスクがないのか?

オンカジの違法性や適法性についてどう考えるべきなのか?

現在の法解釈や過去の判例も踏まえて、ワンダーカジノで日本人プレイヤーがプレイしても問題がないのかを徹底解説します。

オンカジデビュー前に不安に感じている部分がある人は、この記事を読んで自分でリスクの有無を判断してください。

ワンダーカジノの違法性と適法性はどう判断すべきか?

ワンダーカジノに登録してプレイする際に、違法性や適法性に問題がないのか?という部分が気になる人もいると思うので現在の法解釈を先に紹介すると、

現在の法解釈

正規のカジノライセンスを取得して、海外の企業が海外にサーバーを置いて日本人がプレイできるようにしているオンカジであれば、日本の刑法の賭博罪の適応を受けないという判例があります。

少しわかりにくいかもしれませんが、賭博罪というのは日本国内(胴元と張り子)における賭博行為を取り締まるための法律。

しかも張り子(プレイヤー)を罰するよりも、胴元を罰することをメインにして考えられている特徴があります。

そういう意味でカジノ運営企業やサーバーが海外にあることで、違法性も適法性も問うことができないと考えられています。

実際に過去にはオンカジプレイヤーが賭博罪に問われたことがあり、その判例が先ほどの法解釈の理由になっていると理解してください。

オンカジプレイヤーが賭博罪に問われた際の判決は?

日本に進出するオンカジ企業は法の専門家を雇用し、賭博罪に問われない形での運営を行ってきました。

しかし2016年にスマートライブカジノの3名のプレイヤーが警察に逮捕された件があり、法廷で起訴内容について争われました。

実際の判例

判決は不起訴処分。

裁判の結果、不起訴処分という判断がくだされたということで無罪と同じ扱いになります。

つまり実際の判例でもオンカジプレイヤーは賭博罪の適応をすべきではなく、逮捕に値しないと判断されているという事。

この判例が出たことでオンカジはグレーゾーンにあるギャンブルという認識が世間にも広がりました。

オンカジ初心者が選ぶべきサイトはどこ?安全にプレイできる基準は?
オンカジ初心者が選ぶべきサイトはどこ?安全にプレイできる基準は?

オンカジ初心者が選ぶべきサイトはどこか?どんな基準で選ぶと安全にプレイできるのか?はじめてのオンカジで緊張や不安のある人が知っておくべき情報を徹底解説。会社が休みでパチンコ・パチスロに行けなくてもオンカジでガチ勝負できますよ。

オンカジとパチンコ・パチスロはグレーゾーンのギャンブル

刑法の賭博罪が施行されたのは明治41年のこと。

当時、オンライン上で海外のサーバーに接続して、賭博行為が行われるなんて誰も考えることができませんでした。

だから賭博罪の適応範囲はあくまでも日本国内のみに限られています。

日本でできる公的に認められていないギャンブルにパチンコやパチスロがありますが、オンカジと同じグレーゾーンのギャンブル。

なぜグレーゾーンなのかといえば、

グレーゾーンの理由

パチンコ・パチスロは3店方式という法の抜け穴を利用して考えられているギャンブル。

違法性も適法性も現在の法律では問うことができないグレーゾーンのギャンブルになっています。

法律に制定されていない方法でギャンブルができる仕組みを導入したので、グレーゾーンながらも、店舗を構えて運営することができています。

非常に微妙な話ですが、3店方式を生み出したのは本来取り締まる側の警察官で、法律を知り尽くしているから抜け穴も見つけられたということ。

オンカジの違法性が気になっていた人も、こういった事実を知ることで少しは安全にプレイできるものだとわかったのではないでしょうか?

ワンダーカジノは逮捕リスクなくプレイできるオンカジ?

オンカジに対する日本の法的な考え方はここまで説明してきたのでなんとなく理解できたと思います。

では実際にワンダーカジノはどうなのか?

ワンダーカジノの考え方

  • 運営企業:Sector Media N.V.
  • カジノライセンス:キュラソー島発行のカジノライセンスでライセンス番号 8048/JAZ

と正規のカジノライセンスを取得した海外の企業が運営しているので、日本人が登録・プレイしても問題がないオンカジだと判断できます。

カジノライセンスを取得していることで、詐欺やイカサマのリスクも低いサイトだということが判断できます。

ワンダーカジノの取得カジノライセンスと運営企業情報を徹底解説!
ワンダーカジノの取得カジノライセンスと運営企業情報を徹底解説!

ワンダーカジノ(WONDER CASINO)の取得カジノライセンスと運営企業情報を徹底解説。どこ発行のカジノライセンスを取得しいるのかでオンカジの信頼性や安全性を確認できますので、ワンダーカジノの運営企業も含めてチェックしてください。

ただ実際に登録してプレイする際には、必ず自己責任でお願いします。

ワンダーカジノは出金時間も早いと評判のオンカジ

ワンダーカジノは違法性がなく、信頼性が高いオンカジだということがわかったと思いますが、それに追加して出金時間が短いサイト。

オンカジの出金時間の早さがオンカジの信頼性を高め、プレイヤーの利便性を向上させます。

ワンダーカジノの出金時間

最短出金時間は30秒、5分57秒で3,137ドル(約34.5万円)、5分23秒で3,500ドル(約38.5万円)、5分44秒で2,000ドル(約22万円)の出金実績あり。

余計なボーナスを配布しないことで、プレイヤーの利便性を極限まで高めている非常におすすめのオンカジ。

60分以内に出金できない場合に出金額に対してボーナスを付与するキャンペーンを行うなど、出金時間の早さに自信があるサイトです。

ワンダーカジノの出金方法!出金時間が早く上限金額なしって本当?
ワンダーカジノの出金方法!出金時間が早く上限金額なしって本当?

ワンダーカジノ(WONDER CASINO)で利用可能な出金方法と最低出金額や出金上限金額を紹介。出金時間が早いオンカジとして話題のワンダーカジノ。実際にどのような条件で出金できるのかを徹底解説。登録時に出金条件が気になる人は読んでください。

ワンダーカジノの違法性や適法性の記事まとめ

この記事ではワンダーカジノの違法性や適法性についてどう考えるべきか、現在の法解釈や過去の判例はどうなのかということを紹介してきました。

ワンダーカジノの違法性

正規のカジノライセンスを取得して海外の企業が海外にサーバーを置いて運営しているので、現在の法解釈では違法性も適法性も判断できずグレーゾーンのギャンブルになります。

過去の判例ではワンダーカジノのようなオンカジのプレイヤーが逮捕起訴されるべきではないと不起訴処分になっているので、安全性は高いと判断できるでしょう。

あくまでも判例を踏まえて、どう法解釈すべきかということを解説しているのであり、絶対に逮捕されないとか絶対に違法ではないということではありません。

あくまでもパチンコやパチスロと同じグレーゾーンのギャンブルだということを理解して、最終的には自己判断でお願いします。

ただ個人的には安全であると考え、ワンダーカジノに登録&プレイしていますので、私自身は何ら不安を感じていません。

ワンダーカジノに登録したい人、興味がある人は下記リンクから公式サイトをチェックしてみてください。

ワンダーカジノの公式サイトをチェックする!

ワンダーカジノの新規会員登録方法を知りたい人や迷わずにスムーズに登録したい人は、この記事を参考にしてください。

ワンダーカジノの新規会員登録方法や注意点を図解付きで徹底解説!
ワンダーカジノの新規会員登録方法や注意点を図解付きで徹底解説!

ワンダーカジノ(WONDER CASINO)の新規会員登録方法を図解付きで徹底解説。出金時間が早いと評判のワンダーカジノは登録項目も少なく、スマホでもタブレットでもすぐに新規会員登録ができますので、面倒なことなく登録が完了しますよ。

-ワンダーカジノ
-, , ,

Copyright© 出金早いカジノはどこ?オンカジでおすすめのサイトを徹底解説! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.