ライブカジノハウスを公務員がプレイすると処分・逮捕される?

ライブカジノハウス

ライブカジノハウスを公務員がプレイすると処分・逮捕される?

投稿日:2020-03-06 更新日:

ライブカジノハウス(LIVE CASINO HOUSE)を警察官や自衛官などの公務員がプレイしても問題ないのか?

懲戒処分や逮捕などされるリスクはないのか?

オンラインカジノでも特にライブカジノに特化したライブカジノハウスを安心してプレイする際に知っておくべきことをまとめて紹介します。

公務員でもルールを守ってプレイする分にはそこまで心配しなくて良いと思いますよ。

公務員でもライブカジノハウスのプレイを制限されていない

警察官でも自衛官でも、学校の先生でも官公庁の職員でも法律や規則でオンラインカジノのプレイを制限するものはありません。

公務員のオンカジ

国家公務員法にも明記されていませんので、ライブカジノハウスに登録・プレイしても懲戒処分や解雇されることはないでしょう。

刑法でもオンラインカジノに関する罰則規定がないのが実情なので、国家公務員法が刑法を越えた制限を行うことはありません。

ギャンブル等の賭博行為は刑法で禁止されていますが、あくまで日本国内に胴元と張り子(プレイヤー)がいる場合のもの。

オンラインカジノは海外のサーバー内でカジノを楽しんでいる状態なので、刑法の賭博罪の直接の適応を受けません。

現在の法解釈では、ライブカジノハウスのようなオンラインカジノはパチンコやパチスロと同じようにグレーゾーンと考えられています。

公務員がパチンコやパチスロをしても処分されないように、ライブカジノハウスでプレイしても問題ないと言われています。

ライブカジノハウスではないネットカジノや違法カジノは処罰の対象

ライブカジノハウスのような正規のカジノライセンスを取得した海外の企業が運営するオンラインカジノはグレーゾーンですが、

注意ポイント

繁華街にあるネットカジノや違法カジノは刑法の賭博罪が適応されるので、公務員でも会社員でも、自営業者でも逮捕・起訴されます。

ネットカジノなどの違法カジノとオンラインカジノはそういった意味では切り離して考えるべきであり、間違っても同義に捉えないでください。

明らかな違法行為とグレーゾーンでは全く異なる状態ですし、警察も違法カジノは本気で取締の対象にしています。

オンラインカジノにプレイヤーに対して警察は積極的に逮捕しない

実は2016年にスマートライブカジノというオンラインカジノで、日本発のプレイヤーの逮捕者が出ました。

日本に進出しているオンラインカジノの運営企業が警戒し、日本中のプレイヤーが一気にオンラインカジノを離脱したことは言うまでもありません。

しかしこの事件では逮捕された1名が裁判で不法逮捕であると訴え、その判決が現在でもオンラインカジノがグレーゾーンであると言われる判例になりました。

スマートライブカジノ事件の判決

裁判所は不法逮捕であることを認め、被告に対して不起訴処分の判決を下しました。

裁判における不起訴処分というのは無罪と同義で使われる言葉なので、スマートライブカジノ事件以降、警察が逮捕しても起訴できないことを認識。

それ以降、正規のオンラインカジノで逮捕者が出ないきっかけになりました。

こういった一連の流れがあるからこそ、公務員でもライブカジノハウスに登録・プレイしても問題がないと私は考えています。

義務違反防止ハンドブックにもオンカジの処罰事例はない

国家公務員の服務・懲戒制度について解説している義務違反防止ハンドブックの存在を知っている人もいると思います。

国家公務員のあるべき姿、非ざるべき姿を明確に定義し、講習の資料にも使われるものですよね。

そんな義務違反防止ハンドブックを見ても、明らかにオンラインカジノは不法行為であり、懲戒処分等の処罰の対象であるという記載はありません。

詳しくはこの記事で解説していますので、気になる方はチェックしてください。

警察や公務員がオンラインカジノのプレイで稼ぐのは禁止されてる?
警察や公務員がオンラインカジノのプレイで稼ぐのは禁止されてる?

警察官や自衛官も含めた公務員がオンラインカジノをプレイして稼ぐこちは禁止されているのか?義務違反防止ハンドブックや国家公務員法の内容も含めて警察官や自衛官などの公務員に対するオンラインカジノへの規定はないのかを徹底解説。

具体的な事例、国家公務員法が定める公務員のあるべき姿等をまとめて紹介していますので参考になると思いますよ。

公務員とライブカジノハウスの記事まとめ

この記事では公務員がライブカジノハウスのようなオンラインカジノをプレイすると、懲戒処分等の対象になるのか?

過去の判例や国家公務員法の規定なども踏まえて紹介してきました。

ライブカジノハウスは安全か?

  • 国家公務員法における罰則規定はない
  • 刑法の賭博罪に関してはグレーゾーン
  • 逮捕されたプレイヤーの過去の判例は不起訴処分

という状態ですし、

個人的には海外旅行の際にホテルにあるカジノでプレイしたのとほぼ変わらないレベルだと考えています。

ライブカジノハウスのプレイを職務中に行ったり、事業として行わなければ、パチンコやパチスロと変わらないのではないでしょうか。

最終的な判断はあなた自身で行うべきですが、様々な部分から考えても私自身は問題がないと判断してプレイしています。

ライブカジノハウスは当サイト経由で新規会員登録すればもれなく30ドルの入金不要ボーナスと最大900ドルの初回入金ボーナスがもらえます。

ライブカジノハウスの公式サイトをチェックする!

もらったボーナスでお得にプレイできますし、出金時間の早いオンラインカジノとして評判も良いので、資産を守りたい公務員にもおすすめですよ。

ライブカジノハウスの新規会員登録方法を知りたい人や、迷わずにスムーズ登録したい人はこの記事を参考にしてください。

【初心者でもわかる】ライブカジノハウスの登録方法を図解付きで紹介します!
【初心者でもわかる】ライブカジノハウスの登録方法を図解付きで紹介します!

ライブカジノハウスの新規会員登録方法を図解付きで徹底解説。出金時間が早いと評判のライブカジノハウス。入金不要ボーナスや初回入金ボーナスも豊富なのでこの機会に新規会員登録してみませんか?迷わずスムーズに登録できるように図解付きで紹介しますね。

出金時間の早いオンラインカジノで、特に信頼できるサイトの情報はこの記事で紹介していますので気になる人はチェックしてみてください。

出金早いオンラインカジノまとめ│ビットコインや仮想通貨がおすすめ
出金時間の早いオンラインカジノ情報まとめ

出金時間の早さもオンラインカジノ選びの重要なポイントで、ランドカジノで遊んでいる人がオンラインカジノで最も違和感を感じるポイントのひとつ。 どれだけ高額な勝利金を手にしても、カジノから出金できなければ ...

-ライブカジノハウス
-, , ,

Copyright© 出金早いカジノはどこ?オンカジでおすすめのサイトを徹底解説! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.