ライブカジノハウスの違法性や適法性は?オンカジでも安全なの?

ライブカジノハウス

ライブカジノハウスの違法性や適法性は?オンカジでも安全なの?

投稿日:

ライブカジノハウス(LIVE CASINO HOUSE)は日本人が安全に登録&プレイできるオンカジなのか?

違法性や適法性をどう考えるべきか?

ライブカジノハウスも含めたオンラインカジノ業界全般のことも紹介しながら、安全面について徹底解説します。

この記事を読めば日本の法律とオンカジの関係性について、理解することができると思いますよ。

オンカジの適法性と違法性は?法解釈的にはどうなの?

オンカジ全般というよりも、前提条件として日本の法律でギャンブル(賭博行為)がどう考えられているのかを紹介すると・・・

刑法の賭博罪

刑法で賭博罪について明記されており、合法な公営ギャンブル以外は全て禁止となっています。

厳格な話をすれば、友人同士のトランプや麻雀でも現金を賭けて勝負することは禁止行為にあたり、賭博罪で逮捕・起訴されても文句は言えません。

ちなみに日本で公営ギャンブルとして認められているのは、

公営ギャンブル

  • 競馬、競輪、競艇、オートレース
  • 宝くじ、スポーツ振興くじ

しかなく、パチンコやパチスロは公営ギャンブルではありません。

公営ギャンブルではないパチンコやパチスロ店が店舗を構えて、駅前等で経営できているのは法の抜け穴を利用した運営を行っているから。

法的にはグレーゾーンのギャンブルと理解してください。

刑法の賭博罪を制定した当時では考えられなかった方法や状況があることで、グレーゾーンでも大手を振って店舗運営を行っている状況。

オンラインカジノ業界も法律の専門家を雇用し、賭博罪の穴を見つけて運営しているというのが実際の姿です。

ライブカジノハウスもパチンコやパチスロと同じようにグレーゾーンのギャンブルですので、違法とも合法とも言えないと理解してください。

ライブカジノハウスの信頼性は?詐欺やイカサマのリスクはないの?
ライブカジノハウスの信頼性は?詐欺やイカサマのリスクはないの?

ライブカジノハウスは信頼性に問題がないオンカジで詐欺やイカサマのリスクはないのか徹底解説。ライブカジノハウスに登録・プレイする際に信頼性が低くないか?詐欺やイカサマに引っかかるリスクがないのかを知っておくべきですよね。

ライブカジノハウスは賭博罪を適応されずにグレーゾーンで運営できているのか?

刑法の賭博罪でグレーゾーンだという理由として、賭博罪が胴元を逮捕するために制定されたもので、基本的にプレイヤーの逮捕を目的としていないものだという部分があります。

さらに刑法制定時に日本国内における賭博行為(ギャンブル)のみを対象にしていることで、より法解釈が微妙な状態に。

刑法の制定時期

日本の刑法は明治40年に定められ翌41年に施行されています。

明治40年とは西暦で1907年の話なので、1905年に終わった日露戦争後の恐慌に苦しんでいたような時期です。

そのような時期にオンラインカジノやインターネットという発想があるわけもなく、日本国内の賭博にみ特化した法制定を行ったというわけ。

ライブカジノハウスは海外の企業が運営し、サーバーを海外の拠点に置くことで、国内での賭博行為を回避。

日本にいる日本人プレイヤーが賭博行為を行っていても、賭博場があるのは海外になることで、パチンコやパチスロよりも違法性が低いと判断できます。

ライブカジノハウスを運営するためにカジノライセンスを政府やそこに準ずる機関から取得しており、国際法に則って運営されていますので、より安心ですよね。

ライブカジノハウスが賭博罪の適応を受けないのは、

安全性に対する考え方

刑法に明文化されておらず完全に違法であると判断できないことでグレーゾーンだと考えられており、安全に登録&プレイができるというのがライブカジノハウスの仕組み。

ライブカジノハウスは総合的な判断を行って、2018年から日本市場に進出しているオンラインカジノ。

2年以上の期間において逮捕者も出ていませんし、詐欺やイカサマ等の不正行為が発覚してトラブルになったこともありません。

2016年にスマートライブカジノ事件でプレイヤーが逮捕されたことがある

オンカジ業界が驚いたのが2016年のスマートライブカジノ事件。

安全だと考えられていたオンラインカジノで、日本人プレイヤーが初めて逮捕され、安全神話が崩壊しました。

その結果、オンラインカジノ業界から一斉に日本人プレイヤーが消え、多くの人が次は自分なのではないかと疑心暗鬼になっていました。

ただスマートライブカジノ事件があったことで、カジノプレイヤーが逮捕されるべきではないという判例が出て、より安心してプレイできる環境だと再認識できる結果に。

スマートライブカジノ事件で警察が問題視したのは、

逮捕された理由

  1. 日本人ディーラーが日本人のためにゲームを提供
  2. 日本語でプレイヤー同士も会話が楽しめる
  3. 他のプレイヤーのIDや賭け状況がわかる

オンラインカジノという形で運営されていたものの違法性を問えると警察が考え、プレイヤー個人を断定できたことで初の逮捕者が3名出ました。

逮捕された内の1名が不当逮捕であると訴え、略式裁判ではなく、通常の裁判で不当逮捕であると訴えて、警察&検察と争いました。

スマートライブカジノ事件の裁判結果は、

裁判結果

胴元の運営企業ではなく、プレイヤーを逮捕したことは不当逮捕だと認められ、訴えた本人は不起訴処分になりました。

裁判で不起訴処分となったということは、無罪と同じ意味だと解釈できる状況です。

スマートライブカジノで逮捕されたプレイヤーが不当逮捕だと訴えたことで、それ以降、正規のオンラインカジノでの逮捕者は出ていません。

警察も逮捕・起訴できないのであれば、取り締まるメリットがないので、事件以前よりも安全だと考えられます。

正規のオンラインカジノはグレーゾーン。

テレビやニュース等でカジノで逮捕者が出ているネットカジノは繁華街にあるような違法カジノ。

ネットカジノの運営者は反社会的勢力だったりしますので、正規のカジノライセンスを取得している信頼性の高い企業が運営しているサイトとは異なります。

当然ですが、ライブカジノハウスがそういった企業に分類されるということはありません。

出金時間が早いとライブカジノハウスの評判が良いって本当?
出金時間が早いライブカジノハウスの評判が良いって本当?

ライブカジノハウスは出金時間が早いと評判のオンカジのひとつ。実際にどのくらいの時間で出金処理が終わるのか?ライブカジノハウスの最新の出金時間の早さを出金方法ごとにまとめて紹介しますので、オンカジ選び&登録時の参考にしてください。

ライブカジノハウスの違法性の記事まとめ

この記事ではライブカジノハウスの違法性や適法性、オンラインカジノ業界全体に対する法解釈を説明してきました。

2016年のスマートライブカジノ事件の判例でもわかるように、ライブカジノハウスはグレーゾーンのギャンブル。

日本の法律では完全に違法性があると断定することができず、パチンコやパチスロと同じレベルと言えるでしょう。

今後も含めて絶対に逮捕されることはないと断言することはできませんが、IR推進法が可決され国内にカジノができる流れもある現場、安全面の不安はないと思います。

ただ最終的には個々人の判断で登録&プレイはすべきなので、最終的には自己責任だと理解してください。

私自身はライブカジノハウスに違法性はなく、安全だと理解しているので登録&プレイをしています。

当サイト経由で新規会員登録すれば、もれなく30ドルの入金不要ボーナスと最大で900ドルの初回入金ボーナスをもらえます!

ライブカジノハウスの公式サイトをチェックする!

ライブカジノハウスの新規会員登録方法はこの記事を参考にするとスムーズできますので、迷いたくない人は読んでおいてください。

【初心者でもわかる】ライブカジノハウスの登録方法を図解付きで紹介します!
【初心者でもわかる】ライブカジノハウスの登録方法を図解付きで紹介します!

ライブカジノハウスの新規会員登録方法を図解付きで徹底解説。出金時間が早いと評判のライブカジノハウス。入金不要ボーナスや初回入金ボーナスも豊富なのでこの機会に新規会員登録してみませんか?迷わずスムーズに登録できるように図解付きで紹介しますね。

-ライブカジノハウス
-, ,

Copyright© 出金早いカジノはどこ?オンカジでおすすめのサイトを徹底解説! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.